浪花のほーさん どこで何してる??

何気ない日常を書き続けてます・・・・。

祖谷渓 

29、30日で結婚記念日旅行へ行ってました。



早いもの?で、結婚して19年が経過しました。
毎年恒例になりつつある旅行へ行ってきました。
子供たちはバアバに見て貰っての旅行でした。

IMG_8160-9.jpg
明け勤務が終わってから
中国道~山陽道~淡路島~高松道板野IC~徳島道藍住IC~井川池田IC~
R32~r32で祖谷渓へ向かいました。


IMG_6700-9.jpg
宿へは直接に向かわずに、祖谷渓の有名なところを観光です。
祖谷渓のかずら橋(蔓橋)。渡橋代¥500-支払って渡ります。


IMG_8183-9.jpg
注意書きに、子供の渡橋は禁止とありましたが、意味が解りました。
これでは子供が落橋しますね。
思ってたよりも間隔が広かった。
おまけに雨降りで橋が濡れてて滑りやすくて怖かった。


IMG_6707-9.jpg
冗談じゃなくこんな感じで渡りました。
そろっと渡っていても橋が揺れます。
気を付けながら足元を見ながら渡りますが、
隙間に目が行くと足が自然に隙間の方にむかいます。(笑)
きっと何人かの人は橋の隙間に足を落とす人が居るんでしょうね。


IMG_6713-9.jpg
3年ごとにかずらの張り替えをして、つり橋を維持していると書かれてました。
文化財を維持管理するって結構大変ですね。
かずらのツルもなかなか揃えにくくなっているとも書いてました。
県内では調達できないので県外からも調達しているみたいです。


IMG_6733-9.jpg
で、来た道を戻り、宿へ向かいました。
宿に着いて、チェックインせずに、もう一つの名物を見物に行きました。
祖谷渓の小便小僧です。
宿からは歩いて5分足らず、駐車場も無いので宿から歩くのが便利でした。
気の早い私はもう柵を乗り越えようとしています。(笑)


IMG_6738-9.jpg
で、こんないけないことや、


IMG_6740-9.jpg
こんな悪ふざけも済ませました。
後から気づきましたが、
策は絶対に乗り越えないようにって注意看板がありました。
私みたいなアホが居るから注意書きが出来たんでしょうね。。。


IMG_8220-9.jpg
宿は露天ぶろ付きの部屋を予約しました。
脚を伸ばして入れる、信楽焼の陶器製風呂釜でした。
お湯も冷めにくく、気持ち良いお風呂でした。
到着してすぐ、寝る前の2回、ここに入りました。
はるか下を流れる川の瀬音、虫の鳴き声、風の音、
露天風呂は何度入っても良いものです。


IMG_8224-9.jpg
夕飯はなぜか部屋食でした。
仲居さんに聞いたら、食堂が今日は混雑しそうなのでって事でした。
部屋食は別料金だったのでちょっとラッキー???
おなかが一杯、美味しい地元の食材が沢山出ました。


IMG_8226-9.jpg
調子に乗ってワインも2本。
ジュース感覚のワインでしたが、普段飲みしない私はベロベロでした。
気が付けば夕飯終わってて、気が付けば22時過ぎ。
ケーブルカーで降りて行く露天風呂は21時まで、
仕方なく部屋の露天風呂に入りました。


朝は6時前に起床。
年取ると朝が早くなります。
沢山寝たんですけどねぇ。。。

IMG_8229-9.jpg
朝の露天風呂は7時からだったので朝イチにケーブルカーに乗って行きます。


IMG_6765-9.jpg
片道5分、歩くと登りは1時間掛かるそうです。
ここらの川底からはあちこちで温泉が湧くそうです。
祖谷渓でもこの辺りは風呂谷って呼ばれているそうです。
古くは平家の落人の時代に遡るそうです。


IMG_8240-9.jpg
泉質はアルカリ硫黄温泉でした。
硫黄の匂いの温泉でアルカリ温泉のヌルヌル感が特徴でした。
39度の低めの温度で源泉かけ流し、加温も無し。
30分近く入っても物足りない感じでしたが、
入浴後、暫くすると汗が噴き出てきました。
天然温泉は温まり方が違うんですね。
体の芯まで温まりました。


IMG_6769-9.jpg
朝食は食堂にて。
祖谷渓の新緑を眺めながらの朝食でした。
おなか一杯です。
夕飯まで何もいりません。。。


IMG_8304-9.jpg
9時半にチェックアウトし、
向かったのはもう一つのかずら橋。
奥祖谷の二重かずら橋。
r32とR439を走ること1時間余り。
これまた深い山を縫うように走ります。
こちらは野趣あふれるロケーションでした。
個人的にはこちらのかずら橋が良かった。


IMG_8277-9.jpg
二重かずら橋と呼ばれていて、
男橋(おばし)、女橋(めばし)の二つのつり橋が並んで掛かっています。
橋を小走りしてたオバサンに撮ってもらいました。


IMG_8288-9.jpg
男橋を下から望むとこんな感じ。
橋の足元は祖谷のかずら橋と同様に隙間だらけ。
決して走ろうとは思いませんでした。(笑)


IMG_8305-9.jpg
帰りはR439~R438で剣山を越えて高松道の美馬ICから往路を帰りました。
これまた強烈な国道で、対向車来たら鬼バックを強いられる箇所が多数。
実際、5回ほどバックしました。
小さい車はこういう時に非常に便利です。(笑)


子供たちが学校から帰るころに帰宅しなければならないので16時頃帰宅。
ちょっと忙しい旅行でしたが、去年のディズニ&スカイツリーも同じ行程でした。
また来年も行けるように一年間、よろしくお願いします。

来年は結婚20周年。
特に何も企画してないけど、節目だからなぁ。。。


今回、590キロ走行して33リットル消費。
燃費は17.9キロでした。
往路は蒸し暑かったので高速はエアコン入れっぱなし。
復路は涼しかったのでエアコン入れずに走行。
高速は出来るだけ90~100キロ以下で、
一般道は流れに乗って、山道は気持ち良い程度に走行。
昭和の時代の車ですが、十分に今でもエコカーです。




スポンサーサイト
旅行ネタ | コメント:2 |
<<洗車 | ホーム | 高雄サンデーミーティング(TSM)>>

コメント

まっちゃん、まいど。

長い付き合いで、言い方換えれば腐れ縁みたいなもんです。(笑)

旅行じゃななくてもお花の時もありましたよ。

子育て落ち着いたらまた遊びに行きましょ。
2013-06-07 Fri 10:34 | URL | ほーいち [ 編集 ]
結婚記念日おめでとうございます(^_^)v

僕達も今は行けないけど記念日で旅行行けるように頑張ります。
2013-06-02 Sun 22:10 | URL | まっちゃん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |