浪花のほーさん どこで何してる??

何気ない日常を書き続けてます・・・・。

12年ぶりの甲斐駒ケ岳

2001年以来の甲斐駒ケ岳へ行ってきました。




IMG_7819-9_20131021192006a6b.jpg
といっても、先週14日です。
いつものメンバー、辰巳さん、松本さんと奏くんが初参加。
軍曹こと、てらてらさんグループも加わり、大所帯のハイキングでした。


IMG_7825-9.jpg
快晴の中を歩きます。
自然とテンションも高め。
笑顔が自然と出てきます。


IMG_7826-9_2013102119205686d.jpg
ジャイアンみたいな松ちゃんと、のびたみたいな奏くん。


IMG_7829-9.jpg
ちょっとしたクサリ場みたいなのもあって楽しい登山道です。


IMG_7845-9_20131021192138b5e.jpg
大所帯なのでてらてらさん組は独自で行動してもらいました。
初対面で12人グループはちょっと自信なかった。。。


IMG_7865-9.jpg
最初の休憩場所にした仙水峠。
秋空と紅葉と甲斐駒ケ岳(左奥)。
ここから3時間の長丁場。
まだまだ皆さん、元気いっぱい。


IMG_7886-9.jpg
仙水峠からは急登が続きます。
どんどん標高も上がり、甲斐駒の向かいには仙丈ヶ岳3033mが見えてきます。


IMG_7911-9.jpg
仙水峠から1時間半で小高いピークの駒津峰(こまつみね)に着きました。
目の前に大きな甲斐駒ケ岳の岩稜が迫ります。
ここで2回目の休憩を取り、ピークを目指しますが、奏くんの様子がおかしい。
聞いてみると、頭痛が酷いらしい。
頭痛薬飲ませて様子を見ることにしました。


IMG_7905-9.jpg
で、甲斐駒ケ岳目指して歩きます。
が、奏くんの様子が変わらない。
聞いてみると目まいもするとのこと。
顔色もすぐれない。軽い高山病の症状です。
駒津峰を30分下りきったところ、六方石で登頂を断念しました。
あと1時間ですが、危険で楽しい登山じゃないので引き返すことにしました。
奏くんの表情も冴えませんねぇ。
頑張って良く歩きました。


で、駒津峰に戻ってお昼ご飯と昼寝をしました。

登頂組を待ってからでは奏くんの体調を考えると、帰りのバスに
間に合わない可能性が考えられたので一足早く奏くんと二人で下山しました。
駒津峰から登山口まで大人で2時間。
どれくらいかかるのかなぁ。
下山開始は13時10分。
最終バスは16時。


IMG_7914-9.jpg
下山して最後の見晴らしの良いところでとりあえず一枚。
まだまだ奏くんはしんどそう。
ガンバレ奏くん。
6年生になってさらに頑張ってます。
もうここまで来たら自分の力で下山しないとどうにもならないことも理解してます。
自分自身に頑張れと言い聞かせて歩いているようでした。
リュックの中身は上着と合羽のみにして負担を減らして下山します。


IMG_7920-9.jpg
下山途中の紅葉と秋の空。
14時過ぎたころから急にひんやりしてきました。
温かい日中でしたが、秋はちゃんとそばにいてました。

標高が下がり、奏くんの顔色も急激に良くなってきました。
それと同時に歩く脚色も急激に良くなってきました。
私も本気モードで下山しますが、楽勝で追従できると言ってました。
奏くんのいつもの健脚が戻りました。

で、気が付いたら2時間で下山。
後半は大人以上の速さで歩いてます。
お父さんの立場危うし。。。


IMG_7921-9.jpg
約束通りに炭酸飲んで登頂組の下山を待ちました。


何事もなく全員無事に下山し、解散しました。
私たちは伊那IC近くの日帰り温泉でお風呂と夕飯を食べ帰路に着きました。

ご一緒の皆さん、辰巳くん、松ちゃん、一緒に頂上に立てなくてゴメンナサイ。
また機会があればお願いします。


12年ぶりの甲斐駒ケ岳は登頂ならずでした。
またもう一度、行ってみるかな。



スポンサーサイト
山ネタ | コメント:0 |
<<洗車  | ホーム | 紙飛行機>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |