浪花のほーさん どこで何してる??

何気ない日常を書き続けてます・・・・。

お伊勢さん

久しぶりに家族でお出かけ。
一生に一度はお伊勢さん参り。



私と嫁は21年ぶりに詣でました。
結婚する前の出来事です。
ずいぶんと年取ったものだと感じた次第です。。。
21年前、今思えば式年遷宮の年だったんです。
で、天皇陛下がご参詣する直前だったので警備が物々しかった記憶があります。
内宮に着くまでに3回、車両検査と職務質問を受けました。
そんなこと知らずの前回のお伊勢さんでした。

IMG_7726-0.jpg
で、お伊勢さんは、去年の式年遷宮とパワースポットブームの影響で、
週末は混雑必死の様だったので、早朝に大阪を出発。
4時半過ぎに自宅を出て、阪神高速~名阪国道~伊勢道で向かいました。
子供と嫁は寝ています。


7時半前に伊勢神宮の外宮に到着。
お伊勢さんは先ず、外宮を参拝してから内宮を参拝するのが基本らしい。
二つの宮内にはそれぞれ違う神様が祀られています。
この時間なのに参拝者が多い。

IMG_7737-0.jpg
表参道を通り、正殿へ。
こちらは去年遷宮した新しい正殿。
20年ごとに一度、1300年続けられている神様のおうちのお引越し。


IMG_7738-0.jpg
こちらが古いほうの正殿。
新しい建物の隣りにありました。
ってことは古い方はそのうちに取り壊して新しいのをここに立てるんですかね。


外宮から内宮は車で10分足らず。
沢山ある駐車場のうち一つはもう満車でした。

IMG_3019-0.jpg
おはらい町を通って内宮へ向かいます。
通りの両側にお土産屋さんが軒を連ねています。
1000年以上この風景は変わらずに続いているんでしょうね。
写真左が伊勢名物の赤福本店。
こういうところは見るだけ、通るだけでも楽しいですね。


IMG_7751-0.jpg
おはらい町を抜けると内宮入口の宇治橋。
現代では大阪から3時間足らずで来れますが、
昔は何日も掛けて、山賊や盗賊に襲われる危険を伴いながらの長旅だったんでしょうね。
一生に一度はお伊勢さん参り、命がけの参拝だったんでしょうかね。


IMG_7755-0.jpg
宇治橋を渡ります。
厳かな雰囲気が漂っています。
靖国を参拝した時と同じ空気感が漂っていました。


IMG_3027-0.jpg
手を清めます。


IMG_7764-0.jpg
昔はここで手を清めて参拝してたそうです。
宇治橋下を流れる五十鈴川、御手洗所って書いてありました。
魚が居ないか眺める子供達。
絶対に入らないでくださいね。(笑)


IMG_7773-0.jpg
のんびりと歩くこと10分ちょっとで内宮正殿に到着。
ここから先は撮影不可。
神様の前で写真撮影はご法度です。
正殿への階段が正殿に対して真っ直ぐじゃないのは、
神様を真正面から見ることは失礼なことだというので
意図的に曲げられているとのことでした。


IMG_3037-0.jpg
ここ正殿だけでなく、神殿などの正面には必ずつい立がされていて、
真正面から神様を見れないような工夫がされていました。
何だか神秘的ですね。
内宮も正殿の隣りには古い正殿が残ってました。


IMG_7794-0.jpg
のんびりと2時間余りを散策しました。
10時前なのにもうこの人ごみ。
駐車場はすべてが満車になってました。


IMG_7800-0.jpg
で、帰りにはお約束の赤福餅。
お伊勢さんに詣でた昔の人たちもここで頂いてたんでしょうかね。
今では赤福は関西の観光地や空港でも簡単に手に入りますが、
ここで食べる味は別格に感じます。本当は同じなんですけどね。
3個入りお茶付きで¥280-也。


帰りも同じ道でのんびりと帰宅。
13時に帰ってきました。
なんて健康的なお出かけでしょう。
伊勢まで行ってまだ15時過ぎなのが不思議。


往復200キロ足らず、燃費は18キロ。
往路の天理の上り坂で爆走した以外は
高速100キロ、名阪80キロで走行。
ちなみに100キロで流してると18キロ以上伸びます。
1600キロの車重、背高、冬タイヤ、4人乗車を考えると立派な数字かな。



スポンサーサイト
お出かけネタ | コメント:0 |
<<山友焼肉会 | ホーム | 感動した>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |