浪花のほーさん どこで何してる??

何気ない日常を書き続けてます・・・・。

2014年 山友会西天狗岳 登山編

今年の目標、3人であるかす宿泊をクリアできました。




山友の辰巳くんが4月から羽田へ単身赴任中。
5月に予定してました、恒例の春登山を延期してましたが、
3人の予定が千載一遇に恵まれて開催となりました。
辰巳くんとは夜行で信州安曇野で待ち合わせです。

IMG_5813-0.jpg
私と相方のまっちゃんは大阪から向かいます。
21時に松ちゃんを迎えるべく自宅を出発。
早めに大阪を出て待ち合わせ近くで仮眠の予定です。
交替で運転しながら1時半に長野道梓川SAに到着。
4時に安曇野のお土産屋さんで待ち合わせなので暫し仮眠しました。
ウトウトしてたら3時過ぎに夜行でやってきた辰巳くんも休憩でやってきました。
眼が冴えてあんまり仮眠できませんでした。

バスの到着を待って辰巳くんと合流しました。
まだまだ仄暗い夜明け前です。
予定では北アルプス蝶ヶ岳でしたが、
雨雲が掛かり、登山口では小雨でしたので、
予定を変更し、雨雲の無い八ヶ岳へ向かいました。


IMG_5819-0.jpg
一度、蝶ヶ岳登山口へ向かってたので、
八ヶ岳連峰天狗岳登山口へ着いたのは6時。
準備して6時半に歩き始めました。
空は曇ってますが、雨は降ら無さそう。山は雲の中に隠れてました。
私は15年前に登って以来の4回目。
記憶があいまいでした。


IMG_5849-0.jpg
こまめに休憩を取りながら登ります。
八ヶ岳の森は深い。
苔むした木々、岩肌が癒されます。
ドコ見てんの???(笑)


IMG_5859-0.jpg
第一展望台からわずかに下界が見えました。
結局、この展望が最初で最後でした。
下に見えるのは茅野の街。


IMG_5876-0.jpg
濃霧の中、登り続けます。
雨は降らなかったのですが、強風、暴風で体感温度は-10度くらいだったかも。
汗をかかない、しゃべりながら登れるペースでゆっくり歩きます。


IMG_5882-0.jpg
第二展望台。。。
五里霧中状態です。
どこに何があるか、さっぱりわかりません。
寒いし、風強いし、展望無いしで、休憩も短め。


IMG_5890-0.jpg
記憶では最後の急登だったと記憶してました。
展望が良ければ、眺めながら登れるんですが、
生憎の状況でしたので黙々と登るのみ。
去年まで急斜面が怖いと言ってた辰巳くんですが、
もりもりと登ってきます。
もう完全に克服したみたいです。


IMG_5895-0.jpg
おしゃべりしながら、のんびり登って3時間半。
西天狗岳に到着。
この山は双耳峰でフタコブラクダのコブ様な山頂です。
西と東の天狗岳があり、高いほうの西が主峰となっているみたいです。
濃霧で何も見えないのでふざけてます。
軽くお昼ご飯を食べてから東天狗へ向かいました。


IMG_5902-0.jpg
西天狗から20分で東天狗に到着。
濃霧と暴風で楽しくないので写真だけ撮ってそそくさと下山開始。
登山口から南の尾根を登って天狗へ、
下山は一旦北へ八ヶ岳の稜線を歩き、中山峠から西へ沢を下るルート。


IMG_5909-0.jpg
下山も急な下りです。
こんな事、去年までは出来なかったのですが、
慣れと言うものは凄い。
このポーズ見て、穂高連峰も大丈夫だと確信しました。


IMG_5923-0.jpg
雪も残っていたので滑り落ちないように慎重に下ります。
松ちゃんもストック使って確実に下ります。


IMG_5944-0.jpg
1時間程で黒百合ヒュッテに到着。
黒ユリの群生地で有名。
美味しい食事でも有名。
こじんまりしてますが、綺麗な素敵な山小屋です。
お約束?のコーラ飲んで休憩しました。


IMG_5948-0.jpg
小屋の標高は2400メートルくらいですが、
寒気と霧の影響でお昼でも7℃でした。
雨合羽と手袋、ニット帽で武装してたので寒くはありませんでした。


小屋からのんびり2時間で登山口に帰着。
IMG_5953-0.jpg
ヤラセな作り笑顔が印象的でした。(笑)


IMG_5961-0.jpg
下りてきた山を振り返ると、晴れていました。。。
もう少し早く回復してほしかったなぁ。。。。

下山したらあとはお風呂と食事と宴会!!!

さっさと着替えて八ヶ岳から安曇野へ戻りました。



スポンサーサイト
山ネタ | コメント:0 |
<<2014年 山友会 宴会編 | ホーム | 産後検診>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |