浪花のほーさん どこで何してる??

何気ない日常を書き続けてます・・・・。

燕岳~大天井岳~常念岳 縦走 3日目

気が付けば翌朝3時半頃かなぁ。。。
天気は回復してて青空も見えています。
これは展望が期待できそうな気配!!!



早朝4時半の待ち合わせにも関わらず早起きの4人組は
4時前から小屋近辺をウロウロしていました。
皆さん疲れていないのか???(笑)
河田さんは未明に星空観察をしていたようです。
素敵な星空を撮影していました。

IMG_0719-1.jpg
夜明けの槍ヶ岳を眺める二人。
ご来光を見るために4時過ぎから歩き始めました。


IMG_0729-1.jpg
暫くして朝日が昇ってきたので脚を止めてご来光を眺めていました。
スマホやカメラで皆さん日の出を撮影しています。
早朝から歩いていても、疲れていても、
癒されて穏やかな気持ちになります。


IMG_0740-1.jpg
安曇野の里も水を張った水田が朝日を浴びて輝いていました。
田んぼが輝くのはひょっとしたらこの時期だけなのかなぁ。


IMG_0742-1.jpg
モルゲンロートに映える槍穂高連峰。
槍穂高が一番綺麗に見える場所はここ常念岳からだと私は思ってます。
常念岳までもう少し、急登の連続ですが景色に癒されて頑張れます。


IMG_0748-1.jpg
写真を撮りながらのんびりと75分もかかってようやく常念岳に到着!!!
360度のパノラマビューが私たちを迎えてくれました。


IMG_0745-1.jpg
楽しさ、嬉しさ、達成感のあまり
看板引き抜いています。(笑)
あとで聞いたら立てかけてあっただけだそうです。


IMG_0752-1.jpg
高いところがニガテな辰巳くんが立ってます。
辰巳くんが笑ってます。(笑)
いつも無口になるのですがよほど景色が良かったのかな。


IMG_0755-1.jpg
数十枚撮ったかも???
カンバンは意外と重たかったゾ。


IMG_0760-1.jpg
寒い中、集合写真も撮って手が寒さでしびれてきました。(笑)
手袋して写真が撮りたい!!!


IMG_0747-1.jpg
正面が前穂高岳、その左に西穂高岳への稜線、ちょっと離れて焼岳。
前穂高岳の右に奥穂高岳、一番右が北穂高岳、
前穂高岳と奥穂高岳の間に涸沢カールが見えています。


IMG_0750-1.jpg
正面奥に燕岳と昨日歩いてきた稜線。
燕岳から常念岳までは地図上の直線距離で10キロ強。
初心者コースですがかなりの健脚向きかな。
縦走自体が健脚を求められるのでこれくらい楽勝なのかな。


IMG_0775-1.jpg
下りは40分足らずでささっと下山。
雲も一つなくなってました。
降りてきた常念岳を見返します。
青い空と緑のハイマツ、雪の白のコントラストが素晴らしい。
ちょっとヤマケイ風のモデルになってもらいました。


IMG_0781-1.jpg
松ちゃんの着ている太陽の塔Tシャツを真似てるわけではありません。(笑)
手を広げたくなるほど気持ち良い青空と朝日でした。
鳥になって大空を飛んでみたい


IMG_0782-1.jpg
で、朝食がまだだったので頂きました。
お味噌汁を温めなおしてくださいました。


IMG_0783-1.jpg
本人曰く、槍ヶ岳盛りらしい・・・。
かなり抑えて2杯?3杯??忘れましたが思いっきり食べてました。(笑)


IMG_0785-1.jpg
食堂から見る槍ヶ岳。
こんな別荘あったらエエなぁ。。。


IMG_0786-1.jpg
食事も済ませて下山準備をします。
なんだか名残惜しそうな表情でした。


IMG_0787-1.jpg
松ちゃんも名残惜しそうな表情が印象的でした。


IMG_0794-1.jpg
で、槍ヶ岳盛りならぬ槍ヶ岳ポーズ!!!(笑)


IMG_0795-1.jpg
常念乗越から見える槍ヶ岳。


IMG_0796-1.jpg
同じく横通岳、昨日歩いてきた山です。


IMG_0798-1.jpg
河田さんにもモデルになってもらいました。
ここから見える槍ヶ岳はサイコー!!!


IMG_0801-1.jpg
のんびりしてるとお昼になっちゃうので下山を開始。
かなり後ろ髪をひかれましたが、しばらくは息の抜けない下りが続きます。
暑くなるのを見越してか松ちゃんはもう半袖です。


IMG_0802-1.jpg
一の沢上部の雪渓を下ります。
雪も腐っているのでアイゼンは履かずに歩きます。
下山も河田さんに最後尾を歩いてもらいました。


IMG_0803-1.jpg
歩きにくい斜面も確実にステップを踏んで下ります。
昨夜の雨と登山者の少なさの影響で踏み跡が不明瞭でした。
後ろに常念岳への稜線が見えます。


IMG_0818-1.jpg
河田さんの雪渓の下り方は理想的。
足取りも軽やかで安心して見てられます。


IMG_0812-1.jpg
松ちゃん曰く、新しい斜面の下り方らしい。。。(笑)
手を挙げてまるで滑り台のよう・・・。
あえて書きますが、決してヤラセではありません。


IMG_0820-1.jpg
3日も一緒に歩いていると河田さんも行動パターンが読めてくるので
この斜面で松ちゃんが何をやらかすのかわかってきます。
ですので自然とカメラが彼に向いてゆきます。
下りの松ちゃんはアイドル並みの人気者かも???(笑)


IMG_0823-1.jpg
とは言え、こんな危険なところもあったりするので気を抜けません。
上からの落石の危険があるので一人ずつ間隔をあけて通過します。


IMG_0824-1.jpg
最後の水場での一枚。
暑いので水浴びする松ちゃん。
それくらいこの日は暑かった。
水場の水は冷たくて美味かった。


IMG_0839-1.jpg
高いところが苦手な辰巳くんが無口になってた場所。
写真で見ても肩と腹筋に異常に力が入っています。(笑)


IMG_0842-1.jpg
後ろから写真を撮りながら追いかけてくる河田さん。
ザックが大きいので背中からはみ出ています。


IMG_0860-1.jpg
雪渓を下る皆さん。
丸太や岩は転がってきたものです。
長居はできない危険箇所なので松ちゃんの
撮影会もほどほどに下ります。(笑)


IMG_0870-1.jpg
松ちゃんと言えばの丸太橋。
過去に落下してカメラを壊した経緯があり、
本人は笑ってますが気になるところです。


IMG_0872-1.jpg
ふつうはこんな風に何気なく渉るんですがねぇ。。。


IMG_0891-1.jpg
お昼までに下山してお風呂に入りたかったので、
私はなかば走るように下山しました。
写真を撮りながら下山したにもかかわらず、
3時間10分ほど、11時前に登山口に下山できました。


IMG_0892-1.jpg
3日間で20時間近く歩いたでしょうか。
皆さん本当にお疲れ様でした。
4人全員怪我無く無事に下山完了です。
ひょこっと顔を出した常念岳が無事下山を
見届けてくれているような気がしました。

あとは風呂だぁ、蕎麦だぁ、宴会だぁ!!!

下山編に続きます。。。。


スポンサーサイト
山ネタ | コメント:0 |
<<燕岳~大天井岳~常念岳 縦走 3日目 下山後 | ホーム | 燕岳~大天井岳~常念岳 縦走 2日目>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |