浪花のほーさん どこで何してる??

何気ない日常を書き続けてます・・・・。

仙丈ヶ岳2017 小屋と下山

小屋に入ってからは夕景、夜景、朝景を満喫。




夕飯食べてうとうとしているうちに消灯時間。
19時半の消灯時間は早すぎでしょ。(笑)
僧侶のような一日の過ごし方みたい。。。


IMG_7544-3.jpg
日没前になってから雲が切れ始めました。
夕日が薮沢カールを照らしていました。
日の当たり方が違うだけで同じ山が
ガラッと違った見え方になります。


IMG_7577-3.jpg
日暮れ間近の甲斐駒ケ岳と鋸岳。
その奥には八ヶ岳連峰の赤岳のシルエットも。
だんだんと幻想的な景色になってきました。

夜景を撮るために早い消灯時間に合わせて就寝。
沢山寝たと思いましたが時計を見るとまだ22時。
小屋から空を見てみると雲が切れて星空が見えていました。
防寒着を着込んで小屋の外へ。


IMG_7592-3.jpg
伊那の街明かり。
手前の一番明るい光は高遠の街明かり。
右奥が松本方面の街明かり。
コンデジでも意外と撮れるもんですねぇ。。。


IMG_7593-3.jpg
わかりにくいですがカール中央上にさそり座が顔を出していました。
しっぽの部分はまだカールに隠れて見えませんが一等星の
アンタレス(だったかな?)が見えていましたので撮ってみました。
闇夜に浮かぶ仙丈ヶ岳とカールが幻想的でした。

30分ほど星空を堪能し小屋へ戻り、
また気が付くと夜明け前の3時でした。
次はご来光を眺めに小屋を出ました。


IMG_7614-3.jpg
夜明け前の空。
写真右(東)から少しずつ明るくなってゆきました。


IMG_7615-3.jpg
こちらは夜明けを待つ甲斐駒ケ岳と鋸岳。
澄んだ空気と明け行く空は絶景そのもの。


IMG_7616-3.jpg
こちらも夜明け前のカールと仙丈ヶ岳。
雄大な景色で眠気も吹き飛びます。
何枚も何枚も写真を撮りました。


IMG_7678-3.jpg
辰巳さんとご来光の見えるところまで登りました。
4時半過ぎついにご来光。
登った人だけが見ることのできる絶景です。
これを見るために小屋泊まりしたと言っても過言ではありません。
ここでも何枚も何枚も写真を撮りました。
気温は0度近かったのですが、
寒さも忘れ時間も忘れて見入っていました。


IMG_7703-3.jpg
仙丈ヶ岳とカールにも日が当たります。
モルゲンロートって言うんですかね。
全てが朝日色に染まっています。


IMG_7713-3.jpg
もちろん人もオレンジに染まっています。
朝からハイテンションな辰巳さん。
テンション上がらないわけがない絶景でした。


IMG_7718-3.jpg
朝日を浴びながら気持ち良く小屋へ戻りました。


IMG_7725-3.jpg
小屋へ戻り朝食を食べて下山準備です。
名残惜しいのですが景色を眺めながらゆっくりと下山予定です。


IMG_7735-3.jpg
青空とハイマツの緑、澄んだ空気と眩しい朝日。
静かな静かな山歩きを堪能中です。


IMG_7740-3.jpg
疲れも吹き飛ぶ景色を眺めながらの下山は最高です。
気温が下がって硬くなった雪の斜面を慎重に通過します。


IMG_7745-3.jpg
珍しく前を歩いてみると言った辰巳さん。
先読みの練習かな。
次へのステップアップですね。


IMG_7749-3.jpg
ここも先に登り始めてました。
なかなかに慣れた足取りで登っていましたよ。
もうどこの山でも登れるとおもいますよ。


IMG_7761-3.jpg
雪渓と小千丈カール。


IMG_7754-3.jpg
青空に映えてめちゃ綺麗。


IMG_7768-3.jpg
辰巳さんも名残惜しそうに何度も脚を止めて写真を撮っていました。


IMG_7778-3.jpg
北岳、間ノ岳ともお別れが近づいてきました。
何度も振り返り、展望を楽しみました。


IMG_7788-3.jpg
気温も上がり雪も緩み始め慎重に下ります。
絶景のおかげで苦になりません。


IMG_7818-3.jpg
最後にご褒美?サプライズ!!!
雷鳥さんが出迎えてくれました。
この時期、メスは抱卵しててオスが縄張りを監視してるとのこと。


IMG_7819-3.jpg
メスに警戒音を発しているんでしょうかね。
怖がらせてしまったみたいでゴメンね。


IMG_7828-3.jpg
振り返れば絶景。
ハイマツと青空、雪のコントラストが絶妙。
紅葉の時期も良いですが私は新緑の時期が好き。


IMG_7834-3.jpg
6合目から先は樹林帯に入ります。
青空を新緑がまぶしいく気持ち良い。
汗をかかないゆっくりペースで歩きます。


IMG_7841-3.jpg
一歩一歩確実に。
下ります。


IMG_7853-3.jpg
段々と標高も下がり気温も上がります。
遠くで北沢峠の山小屋の発電機の音が聞こえます。
無事に下山までもう少し。


IMG_7873-3.jpg
のんびり下っても3時間足らずで下山できました。
汗もかかずに疲労感も少なかった。
のんびり登山は時間とお金がかかりますが、
全てをゆっくりと楽しめ満喫できます。
無事の下山お疲れ様でした。


IMG_7874-3.jpg
無事下山できたのでコーラで乾杯。
糖分が身体に吸収されるのがわかる気がした。
普段は飲まないんですけどね。。


IMG_7879-3.jpg
9時前に下山してバスは10時。
1時間待ちぼうけになるかと思ってたんですが、
朝一番の入山バスが増便してたので、
そのバスが臨時下山バスになり9時発に。
早起きは3文の得?ではないのですが、
早く下山出来てラッキー!!!
早くお風呂に入りたい。
プライスレスな山行は終わりました。
梅雨のこの時期、こんなにも景色、夜景、すべてを
楽しめるとはおもってもいませんでした。
これだから山はやめられないんですね。


IMG_7880-3.jpg
戸台のバス停横に登山客相手の宿があり、
そこで日帰り入浴して帰路に。
途中、道の駅でそばとしらす丼食べて高速に乗りました。
山深い道の駅でしらすって?とおもってたら、
ここ伊那と静岡の磐田市が友好姉妹都市とのことでした。


IMG_7884-3.jpg
モンベルカード提示でコーヒー無料のサービスを受けました。
ラッキー!!!

のんびり走って16時前に辰巳さんを送り、
17時半前に自宅へ辿り着きました。
2日間お疲れ様でした。

今回、21日からの一泊で計画してた仙丈ヶ岳登山。
天気予報と娘の風邪で計画が二転三転してしまい、
相方の辰巳くんや松ちゃんには大変にご迷惑をおかけしてしまいました。
この時期は天気に左右されるのでカンベンしてくださいね。

楽しい楽しい山行でした。
次はどこへ行こうかなぁ。。。。


スポンサーサイト
山ネタ | コメント:0 |
<<雨の休日は | ホーム | 仙丈ヶ岳2017 入山>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |