FC2ブログ

浪花のほーさん どこで何してる??

何気ない日常を書き続けてます・・・・。

白根三山縦走登山 その2

登山3日目は濃霧と強風の中をスタート。




寒冷前線が南下して昼頃には回復しそうな感じでしたので歩き始めましたが、
なかなか回復に向かってくれません。
濃霧と強風の中、視界ゼロで歩き続けました。


IMG_0551-3.jpg
目指すのは間ノ岳3190コースタイムは70分から80分。
その中間くらいに中白根山の小さな山頂がありました。
100名山に挟まれた無名の山頂ですが3000超えています。


IMG_0570-3.jpg
ゆかちさんは標柱に抱き着いていました。(笑)


IMG_0576-3.jpg
辰巳さんもまだまだ元気です。


IMG_0581-3.jpg
山荘から一切の視界も無く、70分ほどで間ノ岳登頂です。
全く視界が無く、風も強かったので写真だけ撮って前へ進みます。


IMG_0594-3.jpg
間ノ岳からはいったん農鳥小屋2800まで下ります。
視界ゼロで道を見失わないように前を向いて歩きます。
天気が悪いと下を向いて歩きがちになりますが、
迷う危険が増しますのでしっかりとルートを見つけながら歩きます。


IMG_0600-3.jpg
農鳥小屋まで1時間の下りでした。
小屋閉め作業中の閑散とした小屋でした。
ちょっと休憩を取り、エネルギー補給と山バッジを買って
最後の山、農鳥岳を目指します。
農鳥岳は3052の西農鳥と3026の農鳥岳の2峰です。
山頂は低い方の農鳥岳になっています。
両山頂は40分ほどで行けます。
天気が良ければ天空の散歩道なんですが、
100メートル先も見えない中、黙々と歩きます。


IMG_0609-3.jpg
小屋から1時間足らずで西農鳥岳に到着。
作業的に写真だけ撮って歩きます。


IMG_0616-3.jpg
西農鳥から40分ほどで白根三山最後の農鳥岳に到着。
ここまで3000メートル峰を5つを踏みました。


IMG_0627-3.jpg
霧雨と汗でベトベトになりながら辰巳さんも登頂。
ここからは大門沢小屋1800まで一気の1200の下りです。
雨で滑りやすいので気を付けながら下山開始。


農鳥岳から下って40分足らず。
IMG_0628-3.jpg
大門沢下降点に到着。
大きな分岐標識が目に入ります。
50年前、ここで濃霧と吹雪のため遭難死した方の
親御さんが私財を投じて建てられた標識でした。
二度と同じ悲劇を繰り返さないために建てられたそうです。

実際、濃霧のこの日、この標識が無ければ通り過ぎていたかもしれませんでした。
広い平らなこの場所は以前から迷いやすいところだったようです。


IMG_0635-3.jpg
大門沢に目を向けると錦秋。
最悪の天気ですが楽しく歩けそうな予感。


IMG_0637-3.jpg
紅葉が綺麗なので自然と笑みがこぼれます。


IMG_0638-3.jpg
楽しそうに急な斜面を下りました。


IMG_0658-3.jpg
一度転がったら止まれそうにないくらいの急坂を下ります。


IMG_0660-3.jpg
落ち葉の登山道は綺麗ですが落ち葉で滑るので要注意なんです。

北岳山荘を出て8時間半。
汗と霧雨でぼとぼとになりながらこの日の宿に到着。
下山口までは4時間足らずの大門沢小屋です。


IMG_0685-3.jpg
いつものようにお疲れさん会をして夕飯を頂きます。


IMG_0690-3.jpg
かなり古い建物の様でトイレは世界遺産級の汚さでした。
売りのシャワーもボイラ故障で使えず・・・・。
夕飯も朝食かと見間違えるほどの質素なものでした。
せめてトイレだけは整備してほしいと強く願う。


IMG_0697-3.jpg
夕飯あとはストレッチとヨガ。
なぜか辰巳さんが真似てたので面白く一枚。


IMG_0708-3.jpg
この日は私たち3人の貸し切り状態でしたので広く使いました。
薪ストーブが暖かかった。
辰巳さんが夜通しストーブ番をしてくれていました。


IMG_0709-3.jpg
昔ながらの土間のある小屋。
30年前には皇太子殿下も宿泊されたと写真がありました。

この日も消灯ごすぐに記憶なし。
気が付けば5時。まだ外は暗いですが皆起きていました。

朝ごはんを済ませて7時に出発。
ここから奈良田までは1000メートルの下り、4時間足らずです。


気楽な気持ちで歩き始めましたが、
整備されてない登山道は歩きにくかった。

IMG_0728-3.jpg
中でも何度か川を渉るんですが、
丸太橋が強烈で雨で滑るわ丸太の皮がむけてるわでまともに歩けません。
いつもなら動画撮りながら・・・なんですが、ちょっと危険で無理でした。(笑)


IMG_0786-3.jpg
丸太橋も腐って壊れているのもありました。
そんなところは川を渉ります。
増水してたらどうするんでしょうかね。


IMG_0798-3.jpg
最後は立派(に見える)な吊り橋で登山道は終わります。
ここからは工事用林道を1時間ほど下ります。
ゆかちさんは全く問題なし。


IMG_0804-3.jpg
たつみさんは高いところが苦手なのでもう大変でした。
見たことないくらいに脂汗かいて必死な形相で渡っていました。


IMG_0812-3.jpg
どうにかこうにか渡り切った辰巳さん。
今回の登山での最難関だったかも???


IMG_0817-3.jpg
作業用林道をのんびりと下ります。
ここまで来れば奈良田まで40分ほど。


IMG_0822-3.jpg
バス道へ戻りました。
ここからは20分ほどで駐車場です。
ずっと曇り空の4日目でした。


IMG_0832-3.jpg
景色もほとんどない縦走登山でしたが、
楽しい友人と歩けて楽しい思い出となりました。
皆さん本当にお疲れ様でした。


IMG_0833-3.jpg
3日間お風呂に入ってないので下山後すぐに温泉へ。
入山前に入った湯島の湯に入りました。
ここは町営の日帰り温泉。
源泉かけ流しが有名で湯船だけでなく、
洗い場のお湯も源泉かけ流し、使い放題です。
気持ち良くさっぱりできました。
入浴料金¥550-なのも魅力。


IMG_0837-3.jpg
お風呂の後は美味しいそばを。
休日には行列のできるそば処アルプス。


IMG_0840-3.jpg
町営の蕎麦屋さんなんですがメチャ美味しかった。
レジのオネエサンもべっぴんさんでしたよ。
薬指に指輪ありましたけど。(笑)

天候には恵まれませんでしたが、
白根三山を無事に歩けました。
楽しい仲間とのんびりと歩けて楽しい登山だったかな。

次は来年、どこへ行きましょうかね。



スポンサーサイト
山ネタ | コメント:0 |
<<上旬は暖かかった | ホーム | 白根三山縦走登山 その1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |